YUKINE
HOME
はじめての方へ
SOUL STONE STAGE STONE
YUKINEのミッション

個人セッション
ワークショップ

unity
Web Shop
浄化とメンテナンス

ショウルームのご案内
YUKINE GALLERY
オーダーメイド
雪音りえのおシゴト日記
メール会員様受付

ご質問と答え
転送・転載について
メディア掲載実績
取材・講演依頼について
会社概要・お問い合わせ
特定商取引法に基づく表記
プライバシー・ポリシー

 

[ リーディングによるメッセージ ]
unityトップお客様の声お申込み
若林さんによるunityネックレスのリーディング
photo
地球上に存在しているすべての生命は母なる地球の無条件の愛によって存在を許され、育まれています。そしてクリスタル(鉱物)は私たち人間からみたら気の遠くなるような時を母なる地球の無条件の愛を受けながら過ごし、縁があって私たちの前にやってきているのです。
ですからクリスタル(鉱物)のベースとなる波動は無条件の愛なのです。クリスタル(鉱物)はこの無条件の愛を伝え、私たち自身が愛そのものに戻っていくのを手助けしてくれます。
この「ユニティー」はあなた自身の全体性を現しています。そしてあなたの中にある両極性を無条件の愛によって包み込み統合のプロセスを助けます。
「ユニティー」の波動とあなたの心が共鳴するとき、無条件の愛による統合のプロセスが開始されるでしょう。
統合についての考え
統合とは、自分という存在そのものに戻っていくプロセスであり、それは自分自身に対する深い信頼と無条件の愛によって行われるものです。
誰にでも自分の中に嫌な部分や嫌いな部分が一つや二つはあると思いますが、私達の心はこの嫌な部分を一生懸命隠そうとしたり否定したりしようとする傾向があります。そしてこの嫌な部分を感じるとまるで自分がダメな人間のように感じてしまい、心が不安で一杯になってしまったり心が落ち着かなくなってしまいます。
つまり自分自 身の中の嫌だと思う部分に脅かされているのです。このような状態になっている時、 私達は不安から逃れるために何かで気を紛らわせたり、これをコントロールしようと して莫大なエネルギーと人生の多くの時間を費やしてしまっています。
セラピーの現場で様々な悩みを抱えた方達を見ていると、驚くことにほとんどの問題の本質は自分 という存在を否定し自分から逃れようとしていることから起こっているということがわかってきます。
「統合とは自分という存在そのものに戻っていくプロセス」だと書きましたが、簡単に言うと「自分の良いところも悪いところも、すべてそのままを受け入れる」ということなのです。
自分はダメだと思っていた時、誰かに大丈夫だよって言われて、ほっとしたり元気になった経験はないですか?
ありのままの自分を受け入れた時、自分が思い描いている理想的な自分とは異なる自分がいるかも知れませんが、でもそこには自分という存在そのものがいるのです。
そしてこのように自分を受け入れることが出来たとき、良い悪いという判断を越えた自分という存在に対する信頼感と無条件の愛があなたの中に育ち始めます。
そしてこれが本当の自信になっていくのです。
ヒプノセラピスト 若林宏之


若林宏行さんのプロフィールをご紹介します。
 
私がとても信頼し尊敬する、ヒプノセラピストである若林宏之さんに、このネックレスをリーディングして頂き、また「統合」について語って頂きました。
彼の考えや活動は今後ますます、日本のみならず世界各地にて様々な形で多くの人々が自分自身の本質を認め、また受け入れ、愛するためのプロセスへと導いて行ってくれることでしょう。
若林さんは大学卒業後、クライアント中心療法とゲシュタルト療法を学び、不登校の子供達のグループのスタッフ、公立中学校の相談室で相談員、国立の研究所での引きこもりの青年達の社会復帰プログラムのスタッフとして働きながら7年間、カウンセリングの現場経験を積みます。
その後、より深い潜在意識を扱うセラピーを行う為に、ヒプノセラピーを学びます。2002年には「前世療法」の著者であるブライアンLワイズ博士のプロフェッショナルトレーニングを受け、前世療法を行いヒプノセラピストとして活動するように。
ところが2003年のある日、前世療法のセッション中にクライアントの口を通し、愛情深い存在達から彼自身に対する魂の成長や無条件の愛についてメッセージが伝えられます。そして、それはその後も同じ様な形で、最終的には十数人ものクライアントを通して彼に対してコンタクトが続けられ、沢山の重要なメッセージが伝えられたのです。
彼はこの出来事を通し、人生の目的に気づきました。彼の人生の目的は、リトリートセンター(ボディー・マインド・スピリットの統合をテーマに、心と体を休養できるような環境で、リーダーシップやコミュニケーション、子育て、教育、音楽や芸術、自然や環境、シャーマニズム、自然食、スポーツ、医療、代替医療、心理学など、様々な学びや体験ができるような場)を日本に作ること。
そして、それを現実化するために活動を始めることを決意。その活動の幅を広げています。
 
unityトップお客様の声お申込み
▲ top of page